奈良大学野球部の紹介

魅力

奈良大学硬式野球部の最大の特徴は「指導者を置かない」ということです。選手個人の自主性を重んじ主将と学生監督を中心に練習メニューを考え実践する。指導者がいないことから「緊張感がなく自由奔放な雰囲気になりがち」だと思われますが、選手1人1人が自分の役割を理解し、強い向上心を持ち取り組む姿勢こそが大事であると考えます。そうして培った姿勢こそが今後の人生にも役立てることができるものと思っています。

野球部沿革

(平成29年9月1日現在)
所属リーグ : 近畿学生野球連盟 Ⅲ部
部員数   : 19名 (マネージャー4名)
創部    : 昭和48年
主将    : 阿部 究(3年)

昭和48年創部。昭和56年に近畿学生野球連盟に加入。昭和57年秋季リーグⅢ部で初優勝を飾り、その後4度のⅢ部リーグ優勝を重ねた後に、平成元年春季にⅡ部リーグ昇格を果たす。平成4年春季にⅢ部リーグへ降格するも平成7年には春・秋のリーグ戦で連続優勝し翌平成8年春季にⅡ部へ再昇格を果たす。そして平成12年春季に2部リーグで優勝を飾った後、入替戦も制し待望のⅠ部リーグ昇格を果たす。その後は3シーズンにわたりⅠ部リーグにて試合を重ねるが平成14年春季にⅡ部リーグ降格。その後、平成17年秋にⅡ部優勝、入替戦でも勝ち越しを決めて平成18年春季にⅠ部リーグ再昇格を果たす。その後は、8シーズン4年にわたりⅠ部リーグに残留を続けるが平成22年春、Ⅱ部降格、平成24年秋にはⅢ部リーグ降格となる。その後はⅢ部リーグでの戦いが続いている。
今シーズンはユニフォームも一新しリーグ戦に挑む。
部員数は3年生3名、2年生5名、1年生11名の計19名

(平成27年9月1日現在・マネージャー4名を含む)

【野球部のあゆみ】
昭和48年  創部
昭和56年  近畿学生野球連盟加入(Ⅲ部)
昭和57年秋 Ⅲ部リーグ初優勝
昭和58年春 Ⅲ部リーグ優勝
昭和59年秋 Ⅲ部リーグ優勝
昭和62年秋 Ⅲ部リーグ優勝
昭和63年秋 Ⅲ部リーグ優勝
平成元年春 Ⅱ部リーグ昇格
平成 4年春 Ⅲ部リーグ降格・優勝
平成 4年秋 Ⅲ部リーグ優勝
平成 5年秋 Ⅲ部リーグ優勝
平成 7年春 Ⅲ部リーグ優勝
平成 7年秋 Ⅲ部リーグ優勝
平成 8年春 Ⅱ部リーグ昇格
平成12年春 Ⅱ部リーグ優勝
平成12年秋 Ⅰ部リーグ昇格
平成14年春 Ⅱ部リーグ降格
平成17年秋 Ⅱ部リーグ優勝
平成18年春 Ⅰ部リーグ昇格
平成22年春 Ⅱ部リーグ降格
平成24年秋 Ⅲ部リーグ降格