2018年春季リーグ第9戦 対 神戸医療福祉大学

春季リーグ最終戦。4年・長谷田の好投そして5番・小西誉の一打で接戦を制し有終の美を飾る。

春季リーグ最終戦の先発のマウンドに上がったのは長谷田(4年)。初回から力強いピッチングで神福大打線に得点を許さない。味方内野陣の守備の乱れもあり4回までは毎回ランナーを背負うピッチングだったが、あと1本を許さない気迫の投球を披露。長谷田は5イニングを投げ被安打2の無失点でマウンド三好(3年)に譲る。三好は変わりっぱなにソロホームランを浴び先制点を許すが、その後は無安打(2四球)に抑えた。試合は先制を許した直後の6回裏に1アウト1.2塁の場面で5番の小西誉(3年)が左中間へタイムリー二塁打を放ち逆転。そのまま2-1で試合修了。最終戦を白星で飾りこの春季リーグを通算5勝4敗 勝率.556、最終順位を3位で終えた。

久しぶりの勝ち越し、そして上位リーグ進出と今季は見所あるリーグ戦だったと思います。

3部優勝は手に届くところまできていると感じました。

あと一息。「何が足りなかったのか?」をしっかりと見つめ直して、秋季こそリーグ優勝そして2部昇格を達成してほしい。

この試合で、主将の阿部選手、この試合先発の長谷田選手は就職活動もあり一旦退くことになります。本当にお疲れ様でした。出来ることであれば秋も両選手がグラウンドに立つ姿を見れることを願っています。

【ギャラリー】(画像をクリックすると拡大表示されます。

(コメント・写真 上田 修)