2018年春季リーグ第6戦 対 羽衣国際大学

三好ー小西誉で我慢の完封リレー。試合を決定付けたのはルーキーの一打。1次予選の4位以内が確定。上位リーグ戦へ進出!

羽国大の攻撃を三好ー小西誉のリレーで凌ぎきっての完封勝利。久しぶりに2次予選の上位リーグ進出を決めた。

試合は初回からチャンスを迎えた。1番・高橋侃(2年)がファーボールで出塁。1アウト後、3番・長瀬(3年)とのコンビでヒットエンドランを決めて1.3塁のチャンス。この場面で4番・田中(3年)が打席に入るが、長瀬が牽制で刺され2アウト。田中も高橋をホームに迎えることができずに無得点に終わる。

この試合の先発は三好(3年)。初回からスコアリングポジションにランナーを背負う苦しいピッチングながらも要所をキッチリと抑え、6イニングを無得点に抑え7回からは小西誉(3年)にマウンドを託す。

三好の好投に打撃陣が応えたのは6回表。先頭打者の八木(2年)がファーボールで出塁。続く長瀬のセカンドゴロでランナーが入れ替わった後、長瀬が二盗を決めてチャンスをひろげる。

そして、2アウトとなったところで5番の小西誉がセンターの頭上を越す三塁打を放ち均衡を破る先制点を挙げ、続く6番・阿部(4年)もセンター前にタイムリーヒットを放ち追加点を挙げ試合が動き出す。

7回からマウンドに上がった小西誉も7.8回とスコアリングポジションにランナーを背負うピッチングながらも先発の三好同様にあと1本を許さずに羽国大を無得点に抑える。

そして、最終回。羽国大の守備の乱れに乗じて1点を追加した後、無死2.3塁のチャンスで9番の小西亨(1年)がライトオーバーのスリーベースヒットを放ち試合を決定づける2点を追加。5-0として9回裏を迎える。

小西誉は9回裏を危なげなく三者凡退に抑えてゲームセット。

この試合で1次リーグの日程を終了。通算成績を4勝2敗、勝率.667として4位以内が確定。

4月29日からの2次リーグ戦を上位リーグ(4チーム総当たり戦)にて戦うことが決定。

リーグ優勝に向けて第一関門を突破した。

【ギャラリー】(画像をクリックすると拡大表示されます。

(写真・コメント 上田修)