2017年秋季リーグ 羽衣国際大学戦

☆2度追いつく粘りの試合も最後は不運な一本に泣く☆

初回に先頭打者の田中(2回生)が二塁打で出塁し先制のチャンスを作ると、2アウトとなったあと、4番・阿部(3回生)がレフト前へ運び先制点を挙げる。

先発は2戦目に続き三好(2回生)がマウンドに上がる。

1.2回を無得点で抑えるが3回に3本の長短打を浴び逆転を許してしまう。

だが、直後の4回にすぐさま反撃に出る。先頭の5番・長瀬(2回生)がレフト前ヒットで出塁すると2アウト後に8番・石川(1回生)がレフトオーバーの三塁打を放ち同点。さらに続く9番・八木(1回生)のセンター前ヒットで勝ち越しに成功する。

4回以降は三好がランナーを出しながらも粘りの投球で羽国大に得点を許さず1点のリードを守りながら7回を迎える。

そして7回裏、1アウトから連続内野安打とデッドボールで満塁のピンチの場面でバッテリーエラーが出て同点とされる。

同点とされたあと、なおも満塁のピンチを迎えた場面で小西(2回生)に交代。

前の試合と同じくショートの守備からマウンドにあがった小西は直後に犠牲フライで勝ち越し点を許すが後続は抑える。

8回表に先頭の長瀬が二塁打で出塁。1アウト3塁となったところで7番・小西がライトへ同点タイムリーを放ち再び追いつく。しかし、最終回の9回裏に1アウト2塁の局面で打ち取った当たりのセカンドゴロがイレギュラーヒットとなり外野にボールが転がる間に2塁ランナーが生還してしまいサヨナラ負けとなる。

【ギャラリー】

画像をクリックすると拡大します。

【編集 上田修】